<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春。

今現在でも東北地方太平洋沖地震の痛ましいニュース、情報が
溢れていてその一挙手一投足に注目する毎日です。

それでも春はいつもどうりそこかしこから迫って来ていて、
その一瞬の表情にホッとする毎日でもあります。

忙しい日々のうえ悶々とする毎日でしたがそれでも楽しくやってます。

是非、当店へお越し下さい。春の食材を用いたメニューでお待ちしております。

------------------------------------------------------------------------------------

2011.4.10.(sun)に当店にて「祖父BAR」開店です。

「祖父BAR」とは、hitoto運営メンバーの山家あかりの祖父が残した料理メモを再現したお店です。

日本酒を中心に繰り広げられるツマミの数々は、シンプルでいてどこか懐かしく、且つ美味しい。
さらに当日は素敵なDJ陣をゲストにお迎えし、キラキラした音楽が鳴り、
お酒もより良くすすむ予定です。

お楽しみに。

◎日時
4月10日(日)15:00頃〜21:00頃迄 予定

◎場所
nicomiya/ニコミヤ
大阪市北区菅原町11-14 菅原ビル1F TEL 0663642321

第一回目のとき僕は本当に泥酔し過ぎて記憶がなく迷惑をかけたかも
しれませんが、それ以上に泥酔してお待ちしております。

みなさまのご来店心よりおまちしております。

b0185564_15205390.gif

[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-28 15:24 | 思いますた。

牛肉。

僕は牛肉が苦手で普段あまり口にしませんが、しかしどうも、焼くのは好きなようです。

ステーキにする部位のあの赤身の塊を市場で見ていると少々値が張っていても
それを買い求めたい衝動に駆られ、
ジュージューと威勢良く焼いている自分を想像せずにはいられません。

ステーキ肉は焼き方が幾つかあって基本的には肉自体に、
焼くことによるストレスを与えないよう休ませる動作が必要なんです。

それによって内部の赤身はいっそう柔らかく、肉汁がジュワっと広がる。
「焼く」というよりは「焼けていく」という感覚が良いのではないでしょうか。



無機質な、時折いびきのような音を立てるショーケースの中にまるで静物画の
ようでしかしそこには思春期の頃のような複雑な色味と陰影を備えたステーキ肉。

サーロイン、ラムシン、内モモ、ヒウチ、シンシン、それらがきれいな形で
じっとりとこちらを見ている気がして、
それこそ学生の時後輩の女子に、夕景を背に走る僕を校庭脇から見られている感覚と似ていて、

例えそれが勘違いであったとしても確実に舞い上がっている自分は隠せないものです。

ニコミヤにもお肉のメニューがありますし、今後も牛肉以外でも増やして行く予定です
ので僕に肉を焼かせて下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

今月の定休日は20日(日)、27日(日)です。
よろしくお願い致します。

又、微力ながら東日本大震災義援金募金箱を設置致しております。
こちらもよろしくお願い致します。
[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-18 04:38 | 思いますた。

a small,good thing

現在もこの国で起きている未曾有の大災害について出来る限りの情報を集め、
少しでも出来ることを模索する毎日です。

色んな方面から、現地の悲惨な現状が報告されます。
それを知る度に何も出来ない自分に歯がゆさを感じていますが

今はとりあえずしっかりと仕事をしてお客様にとって「楽しい場所」を提供して行こう
と思います。

そしてみんなが集まる場所となる、或いはそんな場所に自分自身が出掛けて行き、
色んな方とお話して決して目を背けることのないよう、

そしてこの先もずっと先まで続くであろう復興までの道のりを一緒に
歩もうと思います。

被災地の皆様にお見舞いと、亡くなられた方々にお悔みを申し上げると共に
「食べる」ことの重要さをもう一度考え、お店でも生かして行こうと思います。



「何かを食べるって、いいことなんです」

~a small,good thing/ささやかだけれど、役にたつこと~より
[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-15 17:57 | 思いますた。

ロマネスコ。

「nicomiya/ニコミヤ」 

・今が旬のロマネスコの料理をお出ししております。
 イタリアの伝統野菜でブロッコリーやカリフラワー同様花蕾を食べます。
 茹でたり焼いたり、栄養素も高く素晴らしい酒の肴です。

・燻製マシーンを導入致しました。少しづつ川魚やチーズなどの「燻製」メニュー
 をお出し致します。今年は豊漁だった牡蠣、その燻製も美味しいかと思います。

・ドリンクメニューの価格、品目を少しだけ変更しています。

・リニューアルを、亀が歩く速度で行っております。もう少ししたらエントランスを作って
 あの忌々しいウッドデッキを打ち捨てます。

・家具も米軍払い下げのヒッピーご用達のそれに変わるかもしれません。

・HPが完成間近です。もちろんデザインは タナカタツヤ[hitoto/DesignSALAD]。
 最高にクールでカッコいいHPです。完成しましたら是非ご覧下さい。

・「顔」になるメニューがないので開発中ですが、なかなか出来ないのが悩みです。

・「朝」早めに起きている為、後半の営業がグダグダになってしまうのが悩みです。

・「ハイボール」の味が、薄いか後半グダグダになったら特濃かのどちらかになってしまい、
 良い濃さに出来ないのが悩みです。

以上が今後の「nicomiya/ニコミヤ」の、弧を描く、カンバス上の刷毛の動きです。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

*3月12日(土)は
 フリッパーズ・ギター3rd「ヘッド博士の世界塔」発売20周年記念パーティーを行います。
 某岡シティーの誕生日でもありますので、どなた様も一緒に飲み明かしましょう。
  
 某シティーのライブや某蕎麦屋のバンドのライブや某デジタル芸人の漫談もあります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
*広島産牡蠣とロマネスコ、新じゃがいものミルク煮。
b0185564_17181555.jpg

[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-06 17:31 | 思いますた。

雛祭り。

僕には歳が3つ上の姉がおります。

その為3月3日になりますと、埃っぽい雛人形が押入れから引っ張り出され
万年体調の悪い祖父の部屋に、飾りつけが施されたそれらが堂々と鎮座しておりました。

しかしながら、子供の頃はその平安貴族的な美意識を理解する知識などは
持ち合わせてなくて

薄ら笑みを口元に浮かべた、ただの気味の悪い人形という位置づけでした。

姉も初めは高いテンションで騒いでいますが、彼女自身もそれらを
理解する能力には明らかに欠けているのですぐに興味を失い、

ものの数時間で忘れ去られた雛人形は万年体調の悪い祖父の寝顔を見下ろすという、
非常にドライな構図が自然に出来上がっているのも雛祭り特有の風物詩でした。

ただ、夜になると少し気取った料理が食卓に並んでいて、
ある雛祭りの日の献立を思い出すと

・スパサラ
・鮭のムニエール
・鯵の南蛮漬け
・ちらし寿司
・肉の洋風煮込み
・豆を甘く炊いたやつ
・フルーツポンチ

中でも「フルーツポンチ」は母が得意としていて、姉や弟と奪い合う
ように食べたそれが「雛祭りの味の記憶」として今でも思い出されます。

-----------------------------------------------------------------------------

3月3日は「雛祭り、桃の節句」。
ですので、女性のお客様にはその健やかなる成長を祈願致しまして
ドリンクオール300円とさせて頂きます。(一部除く)


ブログ、ツイッターを見た方が限定です。
女性の方、この機会にどうぞご利用下さいませ。

*従業員一同、心よりお待ちしております。
b0185564_14363569.jpg

[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-03 14:38 | 思いますた。

トマト。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

欧州ではそんな諺があるくらいの栄養素を秘めている「トマト」。

あの赤い色を発色する色素リコピンは抗酸化ビタミンと呼ばれ、
ベータカロテンの2倍、ビタミンEの100倍という強さで

活性酸素
[飲酒、喫煙、ストレス、コンビニ弁当や即席麺などからの生活習慣病や
         老化や癌の原因とされる体内酸素の酸化で出来る物質]
を取り除く働きがあります。

夏野菜と思われがちですが、本来の旬は原産地アンデスの気候に近づく今頃の季節。

ずっしりと重みがあって全体が締まった、形のキレイな3月のトマトは
夏のトマトと比べ酸味が弱く、甘み旨みが強いので
皮を湯剥きしてそのまま食べれば何とも最高な「酒の肴」であります。

「なんやねん、飲酒なんかしてはったら活性酸素が出ますて自分言うてたやないかい!」
と遺憾の意を表明している旦那衆に朗報で御座います。

赤ワインなら、それに含まれるポリフェノールなら、
その活性酸素を撃退する働きがあるのです。

又、赤ワイン以外の食品でも野菜なら
「えだまめ、ほうれん草、南瓜、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ」など。
これを湯でさっと茹でてその熱々を赤ワインで流し込む、まずは前菜で軽く一杯。

魚介類なら「さけ、いくら、たらこ、たい、うなぎ」など。
これを七輪で炙ってその熱々を赤ワインで流し込む。
杯を重ね、少しづつ酔っ払って来て良い気分で気も大きくなって来ます。

肉類は「鶏レバー」が最高でこれをパテにしたり生姜と煮付けたりして
それを赤ワインで流し込めば、

千鳥足で正体も無くし大声で歌ったり笑ったり怒鳴ったり、
周りにひたすら迷惑をかけた上、翌朝何も憶えていないという体たらくに成り果てるのです。

そんな輩はトマトに襲われてしまえば良い。

ということで当店でも上記の食材を用いたメニューで
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

-----------------------------------------------------------------------------------------


[PR]
by oden-nicomiya | 2011-03-01 04:50 | 思いますた。


大阪西天満にある酒場。6月28日で閉店致しました。次は同じ場所にて新展開のお店をオープンします。どうぞよろしくお願い致します。大阪市北区菅原町11-14菅原ビル1階 06-6364-2321


by oden-nicomiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧