スナック。

自分でお金を出して行ったことはないけど、ちょっと呑んだ帰りなど
に路地裏でやたらと艶めかしく光るサイン看板の個性的な店名を見ている
とその扉を開けてみたくなるものです。

子供の頃、母は料亭で女中をしており、仕事が終わるとよく「スナック」に飲みに
行っていたようで僕もたまに連れて行かれ、

子供心に場違いな気持ち、疎外感を感じながらメロンソーダを
舐めるように飲んでいました。

そんな「スナック」の、演歌と煙草の煙と酔っ払って泣いている母が嫌だったけど、
それでもそこのママがとても優しくしてくれたのであまり苦ではなかったのです。

当時、ママは40歳位で肩までの黒髪で笑うと出るえくぼと八重歯の似合う
とてもきれいな女性(ひと)でした。

趣味のパチンコに一緒に連れて行ってもらい景品のミニカーを取って
もらったり、ラーメン屋に連れて行ってもらったり、公園に行ったり、

ひとりで住んでいた木造アパートの2階に遊びに行ったりと、
忙しい母の代わりに僕が寂しくないよう、よくしてもらっていました。

ある日、母が作ってくれた弁当を食べたくなくて全部捨てて、ラーメン屋に
連れて行ってくれ、と言うとママは烈火の如く怒り

母がどんな気持ちでその弁当を作ってくれているのか、と涙目になって
僕に言うと弁当をゴミ箱の中から拾い、水で洗って食べてしまいました。

子供だった僕は凄く怖くなってそこには寄り付かなくなり、それと同時くらいに
家も引越しになったのでママとはそのまま疎遠になってしまいましたが、

それでもお酒が飲める歳になると、ふと思い出して、いつか行こうと思ってはいました。
でも、当時大人になり損ねてた僕はどうしてもその扉を開けることが出来なかったのです。

ママは少し前まで、歳も80近くになって尚、毎夜店に立ち続けていたらしく、
行けばよかったな行きたいな、とか思ったりするけどはたして、

僕は本当に大人になれたのかな、と今更ながら思うのです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

[事後報告]

先週土曜日、「すなっく きょうこ」というアジアカップ決勝と被っていた為に
半ばヤケクソに行ったイベントに来て頂いたお客様、DJ様、本当にありがとうございました。

なんだかとても楽しかったので是非もう一度やりたいと思っております。

その時は皆様、どうかひとつよろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

*きれいなあなたに見とれているうち、100年くらいすぐに過ぎて行く。

[PR]
by oden-nicomiya | 2011-01-31 03:38 | 思いますた。


大阪西天満にある酒場。6月28日で閉店致しました。次は同じ場所にて新展開のお店をオープンします。どうぞよろしくお願い致します。大阪市北区菅原町11-14菅原ビル1階 06-6364-2321


by oden-nicomiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧